【原神】ゲームに対する熱量の差

原神のエンドクリア率はたったの5%

1%は最高峰の★36を達成しているはず

しかしそこで戦いは終わらない

ある者は武器のグレードを下げ、ある者はキャラのグレードを下げる

課金して戦う戦士は最終ステージすらフルメンバーの4人ー4人ではなく2人ー2人余裕

そして頂点である1人ー1人の「螺旋単騎」を目指す

私は今回の螺旋の最後に推しの刻晴ちゃんを輝かせようと準備中

終わりなき、人によって答えが違うのが深層螺旋である

 

ところが主にスマホ無課金ユーザーはエンドなんて全然で普通の冒険すらままならない戦力

このゲームは全く調べないと遊べなくなりそのほうが人工比率がはるかに高いのである

 

この差は何なのだろう?

才能なんてもんは微影響だと思う

「情熱」の差なのだ

闘える者は燃える心を持っている

しかし世界の人々は闘いを望む人だけではない

原神の世界には冒険と生活であるデイリーがある

平凡な生活、わくわくする冒険、それで満足してもいいのだ

さすがにゲーム内容を調べる気がないユーザーは見捨ててしまう

だってそういう人たちは色んなとこで「荒らし」になる悪いタイプが多いから

 

原神はあくまで清浄な楽園「セレスティア」を目指すはず

闘え原神!ユーザーの希望の灯となるために!

無課金だって重課金だって平等な世界だ!

過去の悪ゲーたちを踏みにじれ!

そして伝説のゲームはシリーズ化される

当然「原神2」だってありえるのだ

 

ピックアップ過去記事

heavenlythunderphoenix.hatenablog.jp